やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。実質最終話。

http://do-not-trust-over30.cocolog-nifty.com/nipopodai/2013/06/912-be55.html
↑のブログの

要約「小説は八幡の一人称だけどアニメは三人称で描かれていて
原作では八幡が焦りつつもクレバーに思考を辿って
言葉を慎重に選んで「空が青い」まで行ってるけど、
客観的にみたらこうなのよ」

というのをずっと考えて見た回だった。
時間がないと言ってる割にほんわか空気がでたり、
原作では言ってないセリフも加え頑張って罵っていたり、
とても興味深かった。

そのまま7巻特装版のドラマCDを聞くと更に盛り上がる。
というか詰めに詰め込んだアニメよりも
ドラマCDのセリフの間のとり方が好きだったりしますが
それはさておき。小町も大活躍だしなwww


川なんとかさんのフラグが立たず、
アニメで聞きたかったセリフも沢山カットされてたけど、
とても上手くアニメにしていただいたと感謝しております。
アニメスタッフ様、あとワッタリーン、ありがとうございました。

惜しむらくは、
2クールにするには多分少し足りないんだろうなあ、
そして最高に盛り上がるとはいえ
原作を6巻まで消化してしまったので
アニメ二期が遠いことorz 

あれ、まだ番外編あるのに総評だ、まあいいや。


BSTBS組なので番外編はまだ放送されず。
スポンサーサイト

ずっともやもやしてた俺ガイル7巻の違和感の正体

を密林レビューで発見、

要約すると
「葉山はコミュ力あるから海老名戸部程度の話は
 海老名に話を聞き戸部にやんわりと先送りさせることで
 解決できるはずだ」

なんですよ、ソレソレ
俺ガイル7巻読んでて
ずーっとなんかひっかかってたのよ
「なにかおかしいなにかおかしい」って

オレのイメージでは
葉山クラスのリア充コミュ充なら
7巻の根本の問題が問題じゃなくなるんですわ

小中どっちかの雪乃の問題でなにもできなかったように
ルミルミの問題もリア充スキルでは対処できんが
仲間内の色恋の問題なら
むしろリア充的には得意分野といってもいんじゃねー
と思うのDEATH。

俺ガイル7巻批判ではなく
単にもやもやがスッキリした!という話。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

人生で初めて

「にわかうぜえ」と思った今日。
「ディープなファンも最初はにわか」という意見に賛成なので
敵視したこともなかったけど
ホントに居るんだな、そのファンでもない外野をイラッとさせる
ドヤ顔のにわか。

あれはやべえ。

Template Designed by DW99