スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボーンズシーズン6#21

ボーンズシーズン6#21の吹き替え版を見て違和感を覚える、
見たのは字幕が先で吹き替えが後。

普通に良い話で字幕の放送が先だったので
ソレを再放送含め何回か見たわけ、
で、DVD借りてか吹き替え版の放送が始まってから吹き替え版を見たのだけど、
この少女の声が成人過ぎるorz

字幕版はそのまま本人(中の人は多分17、8くらいと思われる)の
声で聞こえてきてイメージが出来上がっていた、というのもあるけど、
多分30前後の声優さんが声をあてたと思われるけど、
シンプルに考えると声優さんの声が完成され過ぎてるんだわな、

初めてコールドケースのシーズン1の吹き替えを見た時
主人公の声の違いに愕然としたもの。

disってるんじゃなくて、
純粋に完成された田中敦子さんの熟練した演技と、
まだキャサリン・モリスの役も充分に馴染んでない
25かそこらのアメリカ人のねーちゃんの声が全然別物に聞こえてね、
というような感じで

俳優の地の声とキャラのイメージ双方をよく踏まえた上で
日本語吹き替え版のキャストを選んだそうな
優秀なボーンズ吹き替え陣の中で、
多分20も行ってないアメリカ人少女の声と、
完成された日本語吹き替え版の役者さんの声に違和感を感じました、
というお話、

「あんな感じの子供なのに話せ過ぎ」といったらいいんだろうか、
なんとも難しい話なんだけど。

そういうことを感じると宮﨑駿作品の声優が採用されないってのが
少しわかる、気がする、気がするだけだけど。

オレがロリキューブを受け付けない原因もソレにある、
同じといえばエロゲの高校生くらいのキャラ(18歳以上DEATH)の
エロボイスがほぼ同じに聞こえてくるってのも同じ要因?、、、
ではないが。話が脱線。


山なしオチ無し意味なしのエントリ。
スポンサーサイト

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。