劇場版 涼宮ハルヒの消失

観てきました。
尺が長いので多少尻が痛くなりましたが面白かった。

というかよくあそこまで作りましたなあ
上映時間といいクオリティといいキャストといい音楽といい
つうか杉田さん大変でしたなあ
原作でもキョンの一人称で一人喋りっちゃあそうなんだけど
今回は二時間強、半分以上のセリフを一人で喋ってた感じがする
そして長門が切ない、切ないったら切ない。

しばらく前に発売された原作があるけれども一応以下ネタバレ反転

ああそうか、あの

朝比奈さん(大)の「あの時は本当にご迷惑を・・・」
長門「私は初めて」

ってのは
キョンが刺された時に脇から出てきた朝比奈さん(小)が
フィールド張ってもらってて
それは朝比奈さんが小の時だけど、時系列的には三年後
長門の時系列的にはいわゆる待機状態の三年前の出来事だから初めて
ということねー
ってのを観てて気付いた。
ここだけ小説の記憶が抜けてたわー


ネタバレ終り


やはり消失が一番面白い!
ちょっと終盤キョンの独白が多い気はしないではないけど(えー)
物語ではピカイチ

小説読んでなくても一期と二期のテレビシリーズ見てれば
初見でもおk
小説モノで映像化したらロクなもんじゃねえってのが結構定説ですが(私見)
約250ページの小説を過不足無く丸々アニメにしましたという作品
長門だけ限定すれば映像の力はすごい、小説を上回った。

惜しむらくはネタバレ反転
世界改変後の古泉が
あんまり変わったように聞こえなかったような気がするのです
古泉だと赤の他人にはもっと冷たい気がするんですわー
んでもあの古泉は機関の人間じゃないから普通の高校生かー
う~む、難しい、

ネタバレ終り
キョンが言ってたプロローグ以降からもう一回観たいわー



ちなみに劇場は最前列から10列くらい平たい場所に席が並んでて
そこから後ろが通常の劇場のように斜めになってて席が配置されてる
という劇場だったのですけど
上記>最前列から10列くらい平たい場所に席
が(おそらく意図的に)空席にされてて
他はほぼ満席、ロビーが狭過ぎるわーorz

劇場に着いたときには席がもうほとんど埋まってて
壁から二番目の席だったのだけど
壁 空席 私 →満席
だったので
今まで自分が座ってた場所からとなりの空席に移って
端の席ながらゆったり観られたのが幸いでした。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://bikkle290.blog121.fc2.com/tb.php/274-14a8ee4d

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99